「不用品」として判断する基準

最後に使用したのはいつか

自宅やお部屋には様々な物が溢れていると思いますが、その中で最後に使用したのがハッキリと思い出せない物は少なからずあるでしょう。そのような物を不用品として判断する方法もあります。

最後に使用したのがいつなのか分からないものは置いていても結局二度と使用しないことも多く、収納スペースを埋めるだけの物となってしまいます。また、最後に使用したのがいつか分かっていても、それが1年以上前の場合は不用品として思い切って処分する方法もおすすめです。

収納されている場所

よく使用する物というのは、収納スペースからすぐに取り出して使用できるように保管されています。 その点、「使いにくい」「不便」と感じる物は収納スペースの奥に保管される事が多くなります。そのようにして収納スペースの奥に保管される物はその後使用される事はほとんどなく、保管したままの状態になります。保管したままの状態が続く可能性が高い物は収納スペースを埋めるだけですから、処分の対象と考えても良いでしょう。

不用品を処分する際には、このような基準を設けて処分する事をおすすめします。
この時大切なのは、あまりにも細かすぎる判断基準を設けない事です。
細かすぎる判断基準を設定してしまうと不用品の分類が難しくなってしまいます。
まずは「いる」「いらない」でキッチリ分類しましょう。
そうする事で、不用品とそうでない物を明確に区別する事が可能になります。

便利屋アラキでは、新潟市・中越地区を中心に不用品回収を行っています。
自宅に溜まったゴミや、引越し先に持っていかない家電・家具などの不用品を回収します。

便利屋アラキでは多くの方に気軽にサービスをご利用して頂きたいという考えから、お客様に「安い」と思える料金設定をしていますので、不用品回収なら便利屋アラキにお任せください。またお見積もりなどに関するご質問・ご相談も承っていますので、お気軽にお声かけください。


詳しい料金いついて

サービスメニュー

  • クリーニング
  • 軽作業・お手伝い
  • 各種代行
  • メンテナンス

一番上に戻る

携帯サイトのご案内
QRコード携帯電話からこちらのQRコードを読み取りご利用ください。

お得なキャンペーン